紅茶グマのお菓子ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

人生のバカンス

半年間開催させていただきましたコグマカフェ

先月の29日を持ちまして、終了させていただきました。

わざわざ足を運んでくださいましたみなさま、ありがとうございました。

たくさんのお客様にご来店いただき、

十分なサービスができなかったことが、ただひとつ、私の心残りです。

この場を借りまして、お詫び申し上げます。


コグマちゃんたち、

ふたりは、今、どんなこと思っているのでしょうね。

今は、お客さまやコグマちゃんたちが帰ったあとの

にぎやかで輝いた時間のあとの空間が

ここに静かに広がっています。

目を閉じると、

お客さまのの笑い声や、ドアの取っ手につけた鈴の鳴る音、

いらっしゃいませの声

お皿やカップを洗うときのにぎやかな音、

オーブンがお菓子を焼き上げたことを知らせるブザー

楽しいいろんな音が聞こえてくるようで

それは、いつのまにかコグマカフェの思い出だけではなくて

私が店を開いてからこの10年間の記憶につながっていました。

今後の紅茶グマの教室、カフェの営業などは、

まだしばしお休みをいただくことになりそうです。

せっかく神さまが長いお休みをくださったので、

遠慮なく人生のバカンスを


楽しいことは遠慮なく楽しみ  苦しいことでもしっかり受け止めて

そしてどちらも過ぎ去ったら  いつまでも抱えすぎず

ここから見える夜の空やバスタブのお湯の中に

遠慮なく流してしまおう

どんな出来事も 過ぎたことはすべて もう戻ってはこないから

いつまでも抱え込まず 終りにしよう

私は今を生きる 今ここにいる

今この瞬間をしっかりとつかむ 今この瞬間を一生懸命に

・・・って、感じでしょうか。

あちこちお出かけしたり、いろんなおいしいものを食べたり、作ったり

子供たちと笑ったり、ムッシュと喧嘩したり

いろいろおもしろいことは、あるにはあるのですが、

果たして、これがみなさまにとって、おもしろいかな?と、

すぐ思って、そのままにしがちです。

せっかくこのブログがあるので、なるべくこの秋冬

喜びも悲しみも?載せられるようがんばります!

スポンサーサイト

PageTop

さよならコグマ

今度の日曜日、恒例となりましたコグマちゃんこと

RyokoちゃんとMegumiちゃんのコグマカフェ

いよいよ最後になりました。

なんで急にやめちゃうの?と、何件かお問い合わせをいただきましたが

最初コグマカフェを始めることになったとき、

「みど先生はいつぐらいに、また紅茶グマ始められるようになるんですか?」と

ふたりにに聞かれて

「たぶん10月くらいには、もう大丈夫になってると思うよ」と私が言ったので

「じゃあ9月まで私たち、頑張ります!」と言ってくれたのです。

その9月がとうとうやって来ただけで、突然終わるわけではありません。


RyokoちゃんとMegumiちゃん、ふたりとも本当にお疲れさまでした。

ふたりとも仕事が忙しい合間をぬって、紅茶グマに来てくれて、

私はいつも、窓側の冷蔵庫の前に椅子を置いて、

そこに座って、足をぶらぶらさせながら、ふたりが真剣に作っているのを

頬杖をついて、ひたすらながめているだけだったけど、

どれだけふたりに生きる力をもらったか、計り知れません。

長い間、私を支えてくれて、本当にありがとう。


もしかしたら、私が今まで生きてきた中で

一番きつかったかもしれないこの1年

あなたたちふたりが、そばにいてくれたお影で、

本当に私は心から笑うことができたし、励みになったし、

世の中捨てたもんじゃないと、幸せだなあと何度も本当に何度も思った。


「私たちがお菓子を作るのが好きっていうのと、みど先生がお菓子を作るのは、全然違います。」

いつかRyokoちゃんにそう言われて、すごくびっくりしたの、覚えていますか?

どういう意味?そんなことないと思うよ、私は・・・私は・・・

そう言いかけて、あの時、私は、その先の言葉を続けられませんでした。


10月以降の紅茶グマは、残念ながらまだ決められなくて

しばらくお休みをいただく形になりそうです。

コグマカフェが終わって、せっかくふたりが

必死で繋いでくれたバトンを受け取ることができず

申し訳ない気持ちがありますが、これもなにかで

決まっていたことなのでしょう。


RyokoちゃんとMegumiちゃん、ふたりは

本当に一生懸命お客さまのために

すべての力を出しきって頑張ってきました。

今回ももちろん、頑張っています。

最後のコグマカフェ、皆様のご来店

心からお待ちしております。

PageTop

タルティーヌ考

明日に迫りましたコグマカフェ

ランチは、コグマのRyokoちゃんのお家で、ご家族で丹精込めて作った無農薬の夏野菜を使った

とれたてのトウモロコシの冷製スープ、ラタトゥイユ、カボチャのグリル。

そしてパン・ド・カンパーニュを使ったタルティーヌをやることになりました。

パリに行ったときに、ポワラーヌのパンドカンパーニュでタルティーヌを作っているお店で

タルティーヌを食べ、タルティーヌって、こんなにバラエティに富んでいたんだ!と

びっくりしたのを、まだはっきり覚えていたので、

コグマちゃんたちが、タルティーヌをやりたいと話しているのを小耳にはさんで、

ふたりに怪しまれるくらい、やった~!作って!食べたい~!と、はしゃいでしまいました。
IMG_3531.jpg


今月のコグマプレートにお皿にのっかるタルティーヌは、

贅沢にマグロをコンフィにして、それに自家製マヨネーズと

これまたRyokoちゃんのお家でとれた四川キュウリに、

ダッカというスパイス、Uちゃんのおみやげ。

これが新しいけどどこかで食べたことがある味とでも言っておきましょう、

そのスパイスをあしらった海のタルティーヌ。

クレームエぺスとエダムチーズ、生クリームのソースにたっぷりパンをひたして

間にハムをはさんだクロックムッシュは

パリのカフェで食べるクロックムッシュというより、

もっと素朴な懐かしい、お家の味のタルティーヌ。

そして、新鮮な鶏レバーをコンフィにして、

トルコ産のドライイチジクをブルゴーニュワインで煮込んだコンフィチュールと

しっかり火をいれた飴色玉ねぎ、リンゴを添えて、

ちょっと土の香りをイメージしたタルティーヌ。

この3種類の予定です。

R0016804.jpg


私、週に2、3回は朝、サンドイッチを作って食べるのですが、

いつもは食パンで具材を挟むので、特になんの悩みもありません。

でもタルティーヌは、試食してみると、なかなかどうして、かなりの曲者でした。

クロックムッシュ以外、オープンサンドなので、欲張ってあれもこれもと具材をのせると、

ポロポロ具材がこぼれて、そうなるとひとつひとつをひろって食べる格好になってしまい、

まったく一体感がないのです。

試食をした娘たちは、いつものサンドイッチを食べるように

タルティーヌをつまんで食べようとして、哀しいかな、ほとんどの具材を落っことしていました。

この上にもう1枚パンをのせて、はさめないの?と言われ、それもやってみましたが、

カンパーニュはハード系のパンなので、厚みがでた分、がっつりして、食べにくい…

結論として、食パン2枚で具材をはさむサンドイッチよりも

タルティーヌはごまかしがききません。

良質で、しかもひとつひとつが、はっきりした主張のある具材を使って

お皿にのせてあげなくてはいけません。

明日、ランチを食べにきてくださるお客様、

コグマちゃんたちが、いろんなこと考えながら、作り上げたコグマプレート。

ぜひ、お腹を空かせていらしてください。





PageTop

コグマ会とコグマカフェ

紅茶グマのお菓子教室休眠中につき、コグマ会という

教室がお休みの間、お家で作るだけじゃなく、紅茶グマの厨房で

作りたいひとが集まってお菓子を作っちゃおうよという会の

第1回目が4月の日曜日に行われました。

IMG_0036.jpgIMG_0037.jpgIMG_0039.jpg


そしてその横で、コグマカフェの試作をするRyokoちゃんとMegumiちゃん。

右の作業台でコグマ会のみんな、

左の作業台でコグマカフェのふたりが

並んでそれぞれ違う作業をしているのを

目を細めつつ椅子に座ってながめていると、すっかり気分は引退したご隠居さま。

また機会があればコグマ会、やってくださいね。

そして、みなさま、ぜひぜひ今週末のコグマカフェものぞいてあげてください。

ふたりともとってもがんばっています。

今月はちゃんとフォンドボライユをとったスープで煮込んだ春野菜のポトフ、

ピサラディエールというニース風のピザとグリーンポタージュ、食感が意外な砂肝のサラダのコグマプレート、

スコーンもプレーンなグマスコーンとコグマオリジナルの黒糖とバナナのスコーンもあるし、

抹茶とレモンのムース、さくらんぼのクラフティ、

バナナのパウンドケーキとゴマのパウンドケーキなど。

どれもコグマちゃんたち頑張って作っています。

日曜日はぜひコグマカフェへお越しくださいませ!

PageTop

寒い朝

下の娘が風邪を引いてしまいました。

朝ごはんは娘の好きなツナサンド。

加藤家のサンドイッチはパンの耳を切らずに作ります。

縮小le notre 380


それとこの前コグマカフェの試作で

Ryokoちゃんが持ってきてくれた立派な家庭菜園の蕪を

コグマちゃんたちがポタージュにしてくれたのが

ほんの少しまだ残っていたので、少しミルクで水増し(?)して温めて。

野菜とミルクだけなのに、飲むと体が温まって、すごく元気がでる気がします。

喉が痛いし眠いね。そして寒いよね。

でも今日1日学校に行ったら、明日は土曜日。

コグマちゃんたちが作ってくれた甘くて優しい蕪のポタージュ飲んで、がんばれ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。