紅茶グマのお菓子ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

石丸館

ほぼ一年ぶりで、石丸館にお邪魔しました。
2008 119_320x240

最初、石丸シェフが「ワインどうするよ?十万円のワイン?」と、きました。
くらくらしていたら、「いや、もっと手頃なので、たくさん飲みたい!」となって、
あれこれ聞いていたら、石丸シェフがワインを見せてくださいました。
ワイン好きには堪らない瞬間ですね。
ひとけた、いや、ふたけた間違えてるワインもあって、それだけで大興奮させていただきました。
2008 120_320x240

出だしは蟹のアミューズ。アミューズがおいしいと、これからどんなお料理が出てくるの???と、期待が膨らみます。

そして鴨のピザ、フォアグラのブリオッシュ、そしてお魚はヒラメをレタスで包んで、オマールエビがどんとのっかった一皿。
2008 123_320x240

にんまりしながら食べていたら、くりちゃんが大騒ぎ。
「みどさん、これ、なに?なにが入ってるの?」
「知らない。黙って食べなよ」と、つれない私。
おいしいお料理でもおいしいケーキでも、そう。
本当においしいと、ほとんど、ひっぺがして分析して食べることはしないかも。
だって、今この至福の時間を堪能したいんだもん。
2008 126_320x240

この辺で、「ちょっと、お腹いい感じになってきたねー」と、話していたら、
ムッシュが「何言ってるんだ!まだまだだ!」と、突然きっとなる。
「大丈夫だよ、まだみんな、ちゃんと食べるよ!」と、言うと、満足そうにうなずいて、またワインをグビっと飲むムッシュ。
そして、羊が登場。
2008 128_320x240

絶妙のロゼ具合。ちょっとめまいがしそうでした。
10人分の羊をすべて同じベストの状態で、一気にサーブすることの難しさ。
この仕事を、石丸シェフひとりでやっていることなんだと、思うと、ちょっとゾクゾクしてしまいました。
しかも、私たちが食べている間は、その都度、厨房から出てこられて、気を配ってくださって。(もしかして、ダサい客がいないかどうか、見回り?)

2008 130_320x240

そして、最後はデセールで、ガツンガツンと私たちに、最後のとどめをさしていくシェフ。
ショコラ、オペラ、エンガディナー、マカロン。
特にマカロンは、今まで私が味わったことがない、パティスリーのマカロンではなく、レストランデセールのマカロンでした。
2008 129_320x240

艶もないし、見た目も素朴なマカロンなのに、とても繊細で、優しく、そして鮮烈。
石丸シェフのマカロンでした。

2008 131_320x240

このマカロンの話を後で、友達に話したら、「それ、おまえちゃんと、作り方聞いたか?」と、言われ、「え~!そんなこと恐れ多くて!」と、言ったら、「聞いとけよ!」と、怒られてしまいました。
彼の言葉を聞いて、私はやっぱり甘いなーと。食べることに夢中になり、どうやって石丸シェフがマカロンを作ってるかなんて、考えもせず、おいしいだけで帰ってきてしまいました。

でも、それでもいいと思ってます。私にとっては、非日常の時間ですから。

スポンサーサイト

PageTop

CHOC! CHOC ! CHOC!

今日、イルプルーに行ったら、数人の方に、最近かとうさん、ブログの更新してないよね~、と、声をかけていただいたので、見てくださってる方がいるんだなって、ちょっと、うれしくなって、そして反省して、昨今のことを書き連ねてみます。

2月は、シトロンの山本さんの銀座松屋さんでの催事のお手伝いをさせていただきました。
ご来店くださったみなさま、ありがとうございました。
私は正直言うと、接客が苦手だと今まで思っていたのですが、楽しくて楽しくて。
また近いうちに、お客様をおもてなし、してみたいなんて、思ってしまいました。

そして、紅茶グマでは、2月は避けて通れない、チョコレートをざっくり。
ざっくり何か…と申しますと、まず第1弾として、ガトーショコラを2種類作りました。

クラシックなスイートチョコレートのガトーショコラと、ミルクチョコレートのガトーショコラを2種類。


CA390240_320x240 (2)


作り方もだいたい同じだけど、使うチョコレートによって、かなり味わいが変わり、それが、いろんな可能性を感じられて、おもしろかったです。
そして第2弾は、チョコレートボンボン。
これは、抹茶とホワイトチョコレートのボンボンと、スイートチョコレートでオレンジ風味のキャラメルトリュフ、2種類を。

2008 111_320x240

チョコレートのテンパリングをやって、もうもう、厨房全体がチョコレートの香りに包まれて、チョコレート好きには、たまらない時間だったと思います。

CA390259_320x240.jpg



そして、バレンタイン用に、次女はブラウニーとクッキー。私はクマの形のチョコレートモルドを使って、チョコグマちゃんを作ってみました。
次女が粛々と作業を進める横で、私も最初は真面目に、スイート、ミルク、ホワイトチョコレートと、いろんなチョコレートでクマを作っていたのですが、
途中で、ちょっと、ひらめいてしまいました。

なぜか今、加藤家では、「ブラック・ジャック」が大流行中です。
その影響で、次女が、突然「パパの口が青いよ!きっとチアノーゼだと思う!」と、部屋に駆け込んできたりします。
ものすごく驚いて、「チアノーゼ?パパが?」と、キッチンで食器を洗う、チアノーゼ男の様子を見に行くと、別段普段どおり。
「りんちゃん、パパ、元気でお皿洗ってるよ」と言うと、
「だって、パパ、お口のまわりが青いもん。チアノーゼだよ、あれは!」とのこと。
どうやら、食事の時に赤ワインをがぶ飲みしたせいで、唇のまわりにワインが残っていたのを、敬愛するブラック・ジャック先生の読みすぎで、次女はチアノーゼと診断したようです。

話が脇道にそれてしまいましたが、そうです。クマのチョコレートモルドを使って、
ブラックジャック・ベアーチョコを作ってみました。

2008 072_320x240


「どう?これ?」と、みんなに威張って見せてみたのですが、「なにこれ?」と、あんなに「ブラック・ジャック」を読みふけっていたのに、家族の反応は今ひとつでした…

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。