紅茶グマのお菓子ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

8月も折り返し地点

2008.8 013_320x240
お盆休みも終わり、紅茶グマの夏のお料理教室も、ちょっと一息となりました。
あ、まだまだ、来週さ来週も教室は続きます。
引き続き、がんばりたいと思いますので、これからいらしてくださるみなさま、
よろしくお願いいたします。

お料理教室が始まってから、3日たっても、1週間たっても、
緊張が取れず、オドオド。
「さすがに慣れて、もう大丈夫だと思ってたのに、まだ緊張してるの?」と、
生徒さんでお料理上手と評判のS姉さん。
「ははは...すみません」と、言いつつ、なんとかデセールの
パッションフルーツとチョコレートのムース、
クープトロピックまで漕ぎつけると、
急に覚醒したように、タテ板に水状態になって、すらすらと説明して、
手もスムーズに動き始めます。
「やっぱ、お菓子を作り始めると、調子がでてくるね!」と、大笑いです。

ホント、最初の10日間ぐらいまでは、フライパンをふって、
野菜をひっくり返すことも、もしか失敗したら、みんなの前で泣くかも…と、思い、
地味に、ひとつひとつ、トングでひっくり返していたくらいでした。
お菓子の教室も緊張するのですが、1回終わると、落ち着いて
あとは「どんとこい!」状態になるのに…
やっぱり、お料理を教えるのは、私には無理かも…
終わったあと、毎日疲れて、ついうとうと…
オリンピックを毎晩、真剣に見ているパパの横で、
お先に失礼!と寝てしまいます。
そう考えると、お料理教室、とても健康的なのかもしれませんが…

スポンサーサイト

PageTop

ラタトゥイユ

教室の試作で残ったものが、今日のうちの夕食でした。
次女は一昨年ぐらいまで、ジャガイモとトマトぐらいしか、
野菜が食べられなかったのですが、
最近は、おいしいと言って、食べられる野菜が増えてきました。
細かくしてわかんなくしたら、人参とか、青菜とか、
もっと食べられるようになるのかもしれないのですが、
食べられないなら食べられないで、そのせいで、栄養障害が起きるわけじゃなかろう、
いつか、うんと大きくなって、「子供のときは、人参食べられなかったんだよねー」と、言いつつ、
普通に食べられればいいな、とゴロンと大きく切った野菜を、お皿の中に入れ続けています。


ラタトゥイユも、今日は、おいしいと言って、とても喜んで食べていたのですが...
途中で、おねえちゃんに、「ラタトィユ、好きだけど、ピーマンがね。。。」と、ぽつり。
それを聞いた長女が「なに言ってんの。ピーマンが入ってこそ、ラタトゥイユだよ!」と妹を諭していて、
思わず笑ってしまいました。
長女には長女の「ラタトィユ道」がもうできあがっているようです。
次女は姉の言葉を受けて、黙ってフォークで、ピーマンをさして、口の中に。。。
えらいえらい。


食後は次女が最近気にいって、しょっちゅう作っている、蜂蜜とミルクのシャーベットを食べて、
お父さんに、ビックリするくらい激しい匂いがするリヴァロのチーズを少しもらって、
「うっ!」と、なって「セメダインの味がする。。。」とつぶやいておりました。
リヴァロがセメダインの味だとういうのは、新説ですが、
こうやって、いろんなものを食べて、フレンチだのイタリアンだのという垣根を越えて、
じぶんちの味として、いろいろなものを体で覚えていってくれたらいいな。。。と思っています。

始まりました紅茶グマ8月のお料理教室は、フランスで、いや、フランス人がどんなご飯を食べているのか、一部しかわからないので、偉そうには言えないですが、少なくともかとう家では、
日常的に食べられている簡単なものばかりです。
だから、テーブルセッティングも、いつも通り。
普通の肉じゃがと焼き魚を作って、大仰なテーブルセッティングをするお家は、あまり存じ上げません。つり合いってもんが、大事だと考えているので、
たまに作ったものがフレンチだからって、ものすごいセッティングしているのを見ると、
なんでこんなもんで、こんなセッティングをしたんだい?。。。と、みどおばさんは、ひとりで突っ込んでしまいます。

そんな紅茶グマのお料理教室にいらして、「なんだ、全部普通じゃん」と、
がっかりして帰る方がいるんじゃないか。。。と、ちょっと心配ですが、「これがフレンチ?」って
思ってもらえたら、それはそれで、うれしいことです。
そう、それが私のフレンチなんです。

PageTop

8月になりました。

いよいよ、8月。
私が1年の中で一番、張り切ってしまう夏本番です。
紅茶グマは今まで、8月は毎年夏休みをいただいていたのですが、
今年は、すでにメルマガ、BBSの方でもご案内させていただいておりますが、
夏休み特別企画を考えました。

今回は、兼ねてからやってみたかった、
お料理をアントレからメインデセールまで、4品のご紹介をさせていただいております。
前から「せんせー、お菓子だけじゃなく、お料理もやろうよ!」と、
「本気?それともお世辞?」と疑いたくなるような、ご意見をみなさまからいただいていて、
小心者の私は、「やるよやるよ。。。」と言っては、「無理、やっぱ自信ない。。。」と、
出したりひっこめたり、し続けてきた、情けない幻の企画でございます。
今年も、もし数名の方の「いつやるの?!」という、度重なる追い込み(?)がなかったら、
たぶん実現にはいたらなったと思います。
あの時追い込んでくれて、ありがとう。。。と言えるような、結果を残したいと思っていますので、
みなさん、よろしくお願いします。

現在、紅茶グマのお菓子教室は、新規の募集をさせていただいておりませんが、
こちらの教室は、今までご参加いただいたことのない方も、参加可能となっております。
残念ながら土日はほぼ埋まっておりますが、お盆の14日など、
平日はまだまだ余裕がございます。
ご都合のつかれる方は、ぜひご検討くださいませ。

PageTop

噂のタルト・ド・ヴューギャルソン

d0075549_2245683_320x213.jpg
これが7月、圧倒的な支持をいただきました、噂のヴューギャルソンです。
見た目からその構成、そして逸話にいたるまで、まさに申し分のない堂々としたタルト。
自家製アイスクリームを添えて、みなさんに召しあがっていただきました。

まわりは、ハート形のクッキーを並べて、アーモンドのクリームを入れてあります。
みんな、焼くまでは、こんな、不安定な感じで大丈夫?と、不安そうなんですが、
大丈夫!出来上がってみると、「おおお!」と、歓声があがります。

かなりファンシーな雰囲気のお菓子に仕上がっていますが、
ヴューギャルソンは実は、「独身男性」と言う意味で、ちょっとおじさんくさい名前。
パパのお友だちで、生物学的分類では♂だけど、
話していると、その繊細な感性と優しさで、
どうしてもさっぱりした女友達としか思えない、
私はHさんをイメージしてしまいます。
そのことを、もし彼に話したら、きっと「おじさん?ちょっと、やだ、やめてよ!」と、
一蹴されそうですが...

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。