紅茶グマのお菓子ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ごめんとありがとう。

本日、無事、店売り終わりました~
たくさんのみなさまにご来店いただき、本当にありがとうございました。
久しぶりにお目にかかるお顔もたくさんあって、
あわあわしながらも、うれしい気持ちでいっぱいでした。

久しぶりに会う、Uちゃん曰く、
フランスに出発する前、私が生徒さんに送ったメールが、
かなり暗かったせいで、(←実は、フランスにひとりでスタージュに行くため、かなり緊張してました…)
みんな心配してたんだよー
フランスでブログがアップされて、
わー、せんせ、元気なんだーって、みんなでメールしあって、
大騒ぎだったんだよーって言ってくれました。
心配かけてごめんね。ありがとね。

そして、久しぶりに話したNちゃん曰く、私、今、お菓子作るモードじゃ今ない…って。
ごめんね、ずっとみんなをほったらかしにしちゃって…
Nちゃん、お菓子なんて、ご飯と違うから、
作りたくなきゃ、作らなくてもいいよ。
でもまた時間があるとき、一緒に韓国料理でランチでもしませんか?
お誘いメール、待ってます。

そしてそして、極めつけは、今日の閉店30分前、
まいちとEちゃんと、Rちゃんとおしゃべりしてたら、
Tさんが、ドアを開けて、ご来店くださいました。
ショーケースの中はからで、焼き菓子も売れつくして、
残っていたのは、マドレーヌが1個だけ。

「ごめんなさい…今日は、もう、なにも残ってないの…」
彼女も私も泣きそうになっていたら、
みんなが、「じゃ、私たちのケーキ、少し分けてあげるよ!」って言ってくれて、
みんなで、彼女に自分が買ったケーキを、少しずつ、分けてくれました。
私はみんなをみていて、すごくすごく感動して、もうちょっとで、泣きそうでした。
みんな、ありがとう。

これからは、アンパンマンが、「ボクの顔をお食べよ!」と、カバオくんに言っても、
今夜のことを思い出して、私は涙ぐんでしまうかもしれません。
そして、たかが私の作った1ピース400円のケーキたちは、
みんなで、大切に大切に持って帰ってもらって、
暗い11月の夜、東へ西へ、別れていきました。

フランスではキリスト教文化として、家族で、同じものを食べるという
文化が色濃く残っているため、ホールケーキを土曜日や日曜日に
買って帰る慣習が残っています。
日本では1個1個の小さなケーキの方が喜ばれるし、私もそんなこと考えたことなかったけど、
今日は、みなさんのお陰で、分け与えることの喜びをすごく感じました。
みなさん、ホントにありがとう!
また12月もがんばります!


petitR0011594.jpg

petitR0011592.jpg
petitR0011610.jpg

スポンサーサイト

PageTop

テュトワイエの店頭販売のご案内

テュトワイエの店頭販売のご案内

   11月27日(金)28日(土)
   12:00~19:00
   紅茶グマ焼菓子工房にて

      ※サロン・ド・テ(喫茶)は、14:30からの開始となります。


  主なラインナップ ------------------------------------------------

     ・抹茶のオペラ
     ・ポンム・ヴェルト (青りんごとキャラメルのババロア)
     ・フォンダン・ショコラ
     ・スー・ル・ソレイユ (アプリコットとマスカルポーネのババロア)
     ・フィエット (シナモンのムース、ぶどうのジュレのタルト)
     ・ライムのチーズケーキ
     ・ケーク・サレ
     ・キャラメル・エクレア 
     ・デコレーション・クッキー
     ・ザッハトルテ
     ・ルバーブとピスターシュのタルト
     
         その他にも、スコーン、ジャム、など、ご用意してお待ちしております。
  ---------------------------------------------------------------

  紅茶グマへのアクセス
JR山手線新大久保駅下車 徒歩8分
     都営大江戸線東新宿駅下車 徒歩8分
     東京メトロ副都心線東新宿駅下車 徒歩5分
                           です。

皆さまのご来店、お待ちしております。

PageTop

クリスマス絵本クッキー

petitR0011518.jpg
先日、お知らせいたしました、テュトワイエの、クリスマスの絵本クッキー
昨年は、アドベントクッキーを作り、たくさんのお客様に
楽しんでいただきました。

そのアドベントクッキーを紹介してくださっているページがあるので、ご案内いたします。
写真は、しずみんさんが撮ってくださったものを使わせていただいています。

こちらです。
どうぞ、ご覧になってください。

また、その、しずみんさんが、アドベントクッキーを紹介してくださっているブログも、
どうぞ、ご覧ください。


今年は、1日ごとに開けるアドベントクッキーではありませんが、
昨年に引き続いて、クローバー森が舞台です。
お楽しみに!

皆様のご注文をお待ちしております。

PageTop

テュトワイエのご案内

11月27日(金)28日(土) 12:00~19:00
紅茶グマ焼菓子工房にて、
テュトワイエの、一ヶ月に一度の店売りを行います。

今月のテーマは、パリの新しいお菓子。
かとうみどりが、パリで出会ったお菓子、身につけたお菓子、を中心に、
定番の、スコーンや、ジャムも、もちろん、ご用意しております。

サロン・ド・テ(喫茶)は、2日間とも、14:30~となります。ご了承下さいませ。

みなさまのご来店をお待ちしております。


そして、もうひとつ。
昨年のアドベント・クッキーに続きまして、
今年も、クリスマスの絵本クッキーを販売いたします。
30枚で一セット、それぞれに、お話が一緒になった、アイシングクッキーです。
詳しくは、こちらのページをご覧下さい。

皆さまのご注文をお待ちしております。

紅茶グマへのアクセスは、こちらのページで。

どうぞよろしくお願いいたします。

PageTop

出遅れております…

クリスマスクッキー、今年もやります…
今、エクランのブログを見たら、ちゃんとアップしてあって、びっくり。

絵美ちゃん、さっき別れたばかりなのに、すごく素早い…

この企画は、たぶん今年が最後になるんじゃないかと思います。
詳細は私もがんばって、明日アップします!

この場を借りまして、業務連絡をひとつさせてくださーい。
紅茶グマのお教室の生徒のみなさま、
現時点でお申込みいただいております、みなさま、
ご希望どおり、お申し込みいただいた日程で、
受講可能でございます。
ムッシュがお返事を書いてくれるはずが、
もう爆睡中なので、明日、改めてメールさせていただきますね。
よろしくお願いいたします。

PageTop

よみがえる記憶

petit091113_1232~01 (2)

昨日、八百屋さんにいって、フルーツを選んでいたときのこと。
突然、あるものを見て、すっかり忘れていたことを
はっきり思い出しました。

2か月前のある夜、パリのマレ地区をМちゃんとふたりぶらぶらしていて、
カフェに入ったときに、
Мちゃんが突然「ケーキ食べたい!」と、言いだしました。
「みどさんも食べようよ」と誘われたのですが、
その時は、あまり気乗りがしなくて、「私は、ケーキはいいや」と言って、
いつものようにエスプレッソだけを注文しました。

Мちゃんは、悩んだすえ、カフェのギャルソンに「おススメは?」と聞くと、
「タルト・タタンもおいしいし、ガトーショコラもいけるよ、
だけど、今日だったら、ボクの気分は、チーズケーキかな」と、
ちょっと素敵なギャルソンは、ウインクしながらそう言いました。

「じゃ、それにするわ!」とМちゃん。
かっこよくない人が今日のボクの気分とか言うと、ちょっと「え?」って思うけど、
素敵なお兄さんだと、ついすすめられるままに頼んじゃうね、などと話していると、
ほどなく素敵なギャルソンおすすめのチーズケーキが運ばれてきました。
目を輝かせて食べようとしたМちゃんでしたが、
フォークをケーキに差し込んだとたん、突然、険しい表情になり、
急に「みどさん!これなに?」と、私に目の前にケーキのお皿を差出ました。
「なにって?」
意味がわからなくて、きょとんとしていると、
「ほら、見て。ケーキに青いブツブツが見えない?」とМちゃん。
薄暗いカフェの店内で目をこらして見てみると、
確かにブルーのブツブツが…
「カビ?」と、怖そうにМちゃん。
「まさか!ブルーチーズのチーズケーキだったりして」
私はチーズケーキに、顔を近づけてみました。
「こわいよう、なんだろう?」こわがるМちゃんに、
「ちょっと食べていい?」と、彼女に私は断って、
おそるおそる、チーズケーキをひとくち、口に運びました。
チーズケーキはほどよい硬さと口どけで、とてもおいしくて、
味の方は申し分ありませんでした。
そして、問題の青い点々ですが…
「Мちゃん、大丈夫よ。食べてみて!」
私は彼女にケーキののったお皿を返しました。
Мちゃんはこわがって、なかなか食べようとしません。
「食べればたぶんわかるんだけどな」と思いつつ、種あかし。

「青い点々はライムだよ」
「ライム?」
「そう、ライムの皮。めずらしいね、チーズケーキにライムなんて。でもとってもおいしいよ」
そう言って、ライムが少し香る、レアチーズケーキを彼女に渡しました。
シンプルだけど、すっきりしていて、下に敷いてあるクッキー生地も、絶妙のバランスでした。
カフェで、こんな味のケーキに出会えるなんて、やっぱりパリはすごいなあ。
私も日本に帰ったら、このケーキ作ってみるね!
そうМちゃんに言うと、Мちゃんはすごく喜んでくれて、
パリの味がまたみどさんとこで食べれるの?私食べにいくから、絶対作ってね!と
ふたりで約束していたのでした。

八百屋さんで、ライムをみかけて、すっかり忘れていたその約束を思い出して、
あわてて作ってみました。
パリのカフェのケーキと同じく、ライムのさわやかさがほんのり香っています。
Мちゃん、私約束通り、ちゃんとライムのチーズケーキ、作ったよ!

PageTop

bonbons

091112_1233~01

小さな箱をあけると、たくさんのボンボン。

クミン、アニス、ラベンダー エトセトラエトセトラ…

色とりどりでどれにしようか迷うところ。

だけど、本当に欲しかったものは、たったひとつだったりするんだな。

PageTop

知るということ

IMG_1677.jpg

今日は、昨日作ったケイク・サレでお茶にしました。
ケイク・サレ、しょっぱいケーキと言えばいいのでしょうか。
卵とチーズたっぷりで、キッシュのような感じ?と、
頭の中で勝手に惣菜のカテゴリーに加えていたのですが、
今回のフランス旅行で、バスクに行ったとき、
マルシェで、ケイク・サレを食べました。
それは、私が想像していたような味ではなく、
すごくやさしく、やわらかく、ほどけるような、素朴で、
とても温かい、まさに立派なお菓子だったんです。
そのおいしさにびっくりして、カフェのお兄さんを、あれこれ質問攻めにしてしまいました。

petitIMG_1408.jpg

petitIMG_1403.jpg


材料は何と何?
粉のタイユは何番?
作り方は?
などなど…

ぶしつけな私の質問に、お兄さんはニコニコ優しく答えてくれて、
いろいろなものを見せてくれたっけ。
配合は、あまりにもあまりにもで、彼に聞くことはできなかったけど、
日本に帰ったら、私なりにバスクのお兄さんのケイク・サレを思い出して
作ってみようと思っていました。

もしも、バスクのマルシェで、ケイク・サレを食べなかったら、
たぶん一生、ケイク・サレを自分で作ろうとは思ってなかったと思います。
ありがとうお兄さん。
遠くバスクまで旅をした甲斐があったと心から思えた瞬間でもありました。

まだまだ改良したほうがいいけど、とりあえず、ケイク・サレです。

一緒にバスクでケイク・サレを食べたあきちゃんに、
メールして、「ケイク・サレ作ったよ!」と報告。
あきちゃんからの返事は、
「ん?送ってもらった写真は、バームクーヘンみたいだけど???」というものでした。
すみません、勢いあまって、間違えて、
こないだおやつに食べたバームクーヘンの写真を
彼女に送ってしまってました…
あらためて、写真を送りなおして、今度食べにきてね、と約束。
ケイク・サレを作って、またあきちゃんとバスクの思い出にひたりたいと思います。

PageTop

11月になりました。

相変わらず、フランスにホームシックな私ですが、
お仕事も一応…

R0011452_320_240.jpg

R0011448_320_240.jpg

昨日試作しました、新しいオペラ。
緑色なんで、ピスターシュ?と言われそうですが、
残念、抹茶です。

抹茶のオペラで、バスクで買った、りんごのリキュールが入っています。
このりんごのリキュール、買う時に、お店の方が
「すごくフレッシュなんですよ!」と言ってたけど、
そのとおり、飲んでみたら、こんなフルーティーなりんごのリキュール
飲んだこと今までありませんでした。

このりんごのリキュールと抹茶のクレームが、
お互いのいいところを
ぐっと引き出してくれているような気がします。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。