紅茶グマのお菓子ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スタージュ1日目

resizeR0015985.jpg
今日はみんなでいろんな生地を作りました。
みなさん、夕方まで慣れない作業、お疲れさまでした。
これに懲りずにまた来てね。

スポンサーサイト

PageTop

5月のグマカフェ

5月3日(木)4日(金)のゴールデンウイークに、グマカフェを開催させていただきます。
いつものように、生菓子と焼き菓子を並べて、
イートインスペースではお茶の時間を楽しんでいただけるようになっております。

ただ今回は、初めての試みとして、
紅茶グマのお菓子教室に生徒として通ってくださっているみなさまに
準備段階からお手伝いいただいて、2日間のカフェを開催予定です。

ふだんのお菓子教室では、
同じ空間で同じ作業を、それぞれ一斉に始めて、
サクサクとカリキュラムに沿って、作業を進めていきます。
そんな「ひとり1台」のお菓子に
1か月に1度、もしくは2度、ていねいにていねいに向き合う数時間。
ものを作ることがお好きな方で
お菓子が好きな方なら、きっととても楽しい数時間です。

そして,だんだん、余裕がでてきて、もう少し
違う感覚を知りたい、見てみたい、と思うようになる方も
いらっしゃるような気がします。
たとえば、いつか、カフェをやってみたい、とか、
お菓子教室を自分でやってみたい、とか。
ただ単純にグマの店売り用のお菓子をたくさん作るところを見てみたいとか。
もちろん、そのみんなのヴィジョンの真ん中には、
手作りのお菓子がちゃんとあって。

そんなみんなのまだ少し先…と思っているヴィジョンを、
もうちょっと具体的にイメージしてみたら…と、
急に思いたって、みんなをドキドキしながら誘ってみました。
そしたら、たくさんの方が、快く協力してくださることになりました。

自分で食べるためのお菓子から、
人様に食べていただくお菓子に
1個のケーキから30個のケーキに、
それがどんなふうにみんなに変化をもたらしていくのか、
ちょっと楽しみです。

お手伝いに参加することに対して、とても緊張してます、
というメールをくださった方がいましたが、当たり前です。
私だって、毎回ものすごく緊張します。

でも、きっと充実した楽しい時間になるはずです。
気を引き締めて、明日から頑張りましょう。
みなさんも、お時間があったら、ぜひ遊びにいらしてくださいませ。

R0015939.jpg

こちらのワインは、ソーテルヌ、貴腐ワインです。
白ワインに属すると思うのですが、
色をみると、まるで黄色いバラみたいなワイン。
お菓子にするにはちょっと勇気がいる値段で、
試飲したら、とてもおいしくて、気に入ってしまい、
ソムリエの方に「ムースにしたら、きっとおいしいですよね」と言ったら
「えええ!これをお菓子にしちゃうんですか?」
正気か?と言われてしまったようで、
迷って、1回家に帰ったのですが、
一晩寝て、せっかく、みんなでお菓子を作るんだから、
記念になるものが作りたいと、
思い直して、またワインを見にいって、
また試飲させてもらって、やっぱりおいしい。
ソムリエのおじさんの、あんた正気か?目線を振り切って、
ええい!と、清水の舞台から飛び降りてしまいました。

とってもフルーティーで濃厚なデザートワインです。
これで、今回ムースを作ってやる。
ソムリエのおじさんに、目にものを見せてやる!です。
貴腐ワインのムース、
もしアルコールがダメでなかったら
ぜひ、お試しになってみてください。
お菓子の神様、ここまで宣伝しちゃいました。
どうか、この貴腐ワインのおいしさを
そのままお菓子の中に…
あふれる瑞々しさやフルーティーさを
お菓子の中に…

PageTop

母の日の詰め合わせ

4月のお話になりますが、小学1年生になったばかりのYくんが
真新しいランドセルを背負って、
お菓子教室を受講中のYくんのお母さんを、
しばし待っている時間がありました。
最初はおとなしくすわっていたYくんですが、
そこは小学生男子たるもの、そうそうひとりでおっとりと、
おもちゃもなく座っていられるわけもなく。

やがてお母さんの作業を見学に、厨房に参戦してきました。
ちょうどそのとき、私たちはお菓子教室でサントノーレを作っていて、
クリームを詰めた小さいシューが、ころころと並べられていて。
Yくんが入ってきて、Yくんのお母さんに近づくと、
「ほれ!」と、絶妙のタイミングでYくんの口に
お母さんがプチシューを放り込むのです。
Yくんは、さっとプチシューをゲットするや、またさっと厨房からいなくなり、
しばしシューを味わった数分後、
また風のように現れると、またまたY母がすかさずシューを彼の口に…という
「これは、もしやコントなの?」と見まがうばかりの絶妙のリアル親子コントを
みさせていただきました。
そして、いよいよ教室の山場、飴を作ってシューを
土台であるクッキーにくっつけ、泡立てた生クリームを絞る…という作業に入ったとき、

「お母さん、上手だね、すっごく上手だね!」と、お母さんの手元をうっとりと惚れ惚れしながら
ながめている姿を見て、
なぜだか、「うううう…」と、涙が出てきちゃいました。

うちの娘も小さいときは、
「お母さんとドリカムの美和ちゃんと、どっちがお歌上手?」と、
子供が寝る前に唄った私の熱唱「ドナドナ」に、想像を絶する賞賛の嵐だったっけ…

お母さんがなんでも一番!なんて素敵なんでしょう。
Yくんのお母さん、今を、今を大切にね。


なんて、思いつつ、紅茶グマは母の日を今年もやるのです。



今年は7Days Sconesと称して、7種類のスコーンをお届けします。

  プレーン 
  ショコラ 
  カフェ
  抹茶
  紅茶
  くるみ
  チーズ

7種類のスコーン。1セット2000円
プレーンのスコーンのみ2個で、ほかのスコーンは1個ずつ。
計8個のスコーンをお届けします。

おいしく食べるコツは、スコーンが届いたら、
すぐに食べない場合は、そのまま冷凍してしまう。
食べるときにオーブンでしっかり温めてから(電子レンジはダメです)
泡立てた生クリームを添えて、
お母さんをテーブルに呼ぶか、お母さんを思いながら食べる。
これかと思います。

発送は5月11日(金)からです。
12日13日に発送ご希望の方は、
「その他の項目」欄にその旨をご記入ください。

ご注文は、こちらからお願いいたします。

みなさまのご注文をお待ちしております。

PageTop

台湾つながり

愛玉子が台湾のお菓子だったので、こちらも台湾つながりで。
resizeR0015885.jpg
中味は
resizeR0015886.jpg
干し椎茸?じゃなくて、ちゃんとお菓子なんです。
リアルさに感動!
台湾のおみやげ。Nちゃんありがとうございました。
もう1個のお菓子もおいしくいただきました。

PageTop

愛玉子

あいたまご・愛玉子と書いて、オーギョウチーと読みます。
台湾のお菓子ですって。

年に数回谷中に行く用事があるんですが、そのたびに気になっていた喫茶店、愛玉子。
今回は、ちょっと不思議好きなうちのムッシュも一緒に行ったので、
思い切って入ってみました。
すごいレトロな店内・・・

R0015631_20120414102744.jpg

これが愛玉子。黄色いのはレモンシロップ。
寒天みたいなのに、カロリーは高いんだそうです。

R0015634.jpg
R0015642.jpg

「どう?」
「暑いときに食べたい感じね…」

場所でも土地でも、ちょっと感じたことのない雰囲気のところに行くと、
いつもものすごく緊張するんですが、今回もかなりドキドキでした。
暑いときにまた谷中に行ったら、再度挑戦してみます。


PageTop

4月のお菓子教室

4月のお菓子教室は、サントノーレをみんなで作りました。
サントノーレ。実は生菓子で一番好きかもしれません。
クッキーと、シュークリームと生クリーム。
この3つのシンプルなものを応用して、こんなすごいもの生み出してしまうなんて。
フランス人ってすごい。
サントノーレを見るたび作るたび食べるたび、そう感心します。

そして、今回のサントノーレは、ちょっと新しいんです。
どこが新しいかというと。

R0015880.jpg

この形です。
この一直線に並んだ、シューをみたとき、
フランス人ってすごい!と改めて思ってしまいました。
やっぱり、かなわないですね。

R0015877.jpg

サントノーレを直線で並べることによって、
クレームを単一なものではなく、味のグラデーションをプレゼンテーションできる!
すごい!

中味はヴァニーユ、プラリネ、ショコラの3つのフレーバーです。
試食していただくとき、厳しくみんなに「ヴァニラから食べるように!」と言い渡して
食べていただきました。
味の濃いものから食べると、ヴァニーユのシンプルな味がわからなくなってしまうから。
3人寄ればなんとかと申しますが、3種類並べれば、
小さなシューだけど、やっぱりかなりゴージャスなお菓子になりました。

PageTop

Guma-Cafe Stageのご案内

5月のグマカフェのご案内です。

  5月3日(木・祝) 4日(金・祝)
    12:00~18:00

  紅茶グマへのアクセス
       →地図はこちら    
     JR山手線新大久保より駅徒歩8分
     JR中央線大久保駅より徒歩12分
     東京メトロ副都心線東新宿駅より徒歩5分
     都営大江戸線東新宿駅より徒歩8分
        賑やかな大久保通りから少し入った、静かな場所にあります。

  紅茶グマカレンダー

  メルマガ「紅茶グマだより」へのご登録はこちら
     カフェ、お菓子教室、など、最新情報をお伝えいたします。

  紅茶グマ焼菓子工房
     お問い合わせは、kouchagumaATwaltz.ocn.ne.jp までお願いいたします。
        (ATを@に直してください。)

みなさまのご来店をお待ちしております!

PageTop

グマカフェのお知らせ

サクラも咲いて、やっと完全に春がきた!と言える感じになってきました。
紅茶グマの不定期お店売り、グマカフェのご案内です。
5月3日木、4日金の2日間12時~18時まで

今回は新しい試みといたしまして、現在紅茶グマのお菓子教室に通ってくださっている
紅茶グマの生徒さんたちに、日替わりで準備段階からお手伝いいただいて、
教室で作ったお菓子を、みなさんと作っていく、
グマカフェ、スタージュを開催いたします。
みなさん、お忙しい中、快くご参加いただき、ありがとうございます。
現在は休眠中のグマっこのみなさま、
お時間があれば、ぜひ遊びにいらしてください。
懐かしい顔に会えるかもしれませんよ。
また教室にご興味のある方々も
よろしければ、生徒さんたちの雰囲気やお菓子などをご覧になりに
ぜひぜひ足をお運びくださいませ。
みんなでドキドキしながら、みなさんが来てくださるのを
お待ちしております。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。