紅茶グマのお菓子ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コーヒーを使ったサブレ

coffee.jpg
紅茶グマでお菓子を作って、これでいきましょう!とゴーサインを出すのは、誰あろう、スタッフのきみちゃんです。
コーヒーを使ったサブレを作って、1回目の試食で、きみちゃん。
「......なんかもう少し、苦味が欲しくないですか?」
「え、ホント?もっと苦味?」
「この間にサンドしたイヴォワールのクレームは悪くないんですけど、もっとコーヒーの主張のはっきりしたサブレにした方が、このクレームと合うと思うんです。」
「うーむ。そうかなあ。意外といいと思うんだけどなあ。」
「もちろん、おいしいですよ。でも、なんかグマのお菓子を楽しみにしてくださってるお客さまには、ちょっと物足りないんじゃないかと思って」
「そうですか。はい。もう1回作ってみます。」
ちぇっ!何気に厳しいやつ。

仕方ないので、試行錯誤で再度挑戦。
ちょうど、まいちが厨房にいたので、作りたてを、ふたりで試食。
「・・・」
「・・・」
なんの味もしない。
キーッとなって、また試作をして、ガックリきて、を繰り返し、やっと、翌日できあがったサブレを、恐る恐るきみちゃんに差し出すと、
「あ、これです。いいと思います!」
やっと、きみちゃんがいいと言ってくれました。

「じゃ、これは、『きみちゃんオッケー、コーヒーウマ苦サブレ』って名前にしよう!」
「え~そんな名前でいいんですか?」

サブレに入っているコーヒーは、いつも紅茶グマで飲んでいる大好きな新宿のヤマモトコーヒーの、コロンビアを主体にしたブレンド豆を、店長の山本くんにちょっとお願いして細かく挽いてもらいました。
サブレを作ろうと、コーヒーの袋を開ける度に、ふんわりとコーヒーの薫りが鼻をくすぐります。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2012-07-30(Mon)18:21 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。