紅茶グマのお菓子ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

子供の頃のように…

おかげさまで無事5月の店売り終了いたしました。
おでかけくださったみなさま、ありがとうございました。

そして私はここ数日、少しのんびり。
パンを焼いたり、ムッシュとご飯を食べにでかけたり、
友達に飲み物のレクチャーを受けたり。

休みのときぐらい、「食」というエレメントから
少し離れた方がリフレッシュできそうな気もするのですが
意識して離れないと、どうしても
悲しいかな、ベクトルが「食べる」方向に行ってしまいます。

100602_1306~01

そして、私のパンの師匠、Aさんは、紅茶グマサロンで、一日のんびりしたい!と言っておられるので、
私は紅茶グマの厨房でパン修業、師匠はグマサロンで、のんびり読書プランが浮上しています。
師匠が必要になったら、「せんせ~!」と叫べば、読書を中断して、弟子の質問に答えてくれる
うれしいシステムらしいです。

小学生の頃、同級生の女の子が、
「Sちゃんと私は、将来、大人になったら、一緒に牧場で暮らして、動物をたくさん飼うの」と、
ふたりの少女が、カントリーな感じの柵の前で、牛やニワトリと一緒に笑っているという
未来の絵をらくがき帳に描いて、見せてくれたことがあったのをふと思い出しました。
牧場ってとこが、なんともかわいいですね。
私は、ちょっと気味の悪い子供だったので、牧場で将来一緒に暮らそうなんて、
ロルカのポエムみたいなこと、言ってくれる友達は残念ながらおらず、
その絵に描かれていた芝生の緑色が、とてもとても、まぶしく見えたのを覚えています。

小学校のときは、そんなだったけど、今はA師匠や、ほかにも友達がいて、
もしかしたら、かなわないかもしれないけど、いつかかなうと素敵だねえ、というプランを立てて、
ちょっと楽しくなったりできるのが、とてもとてもうれしいです。

そして、もうひとつ、できたら素敵だねえプランを、友達のビオ・ロテュスのあきちゃんと立てて、
ここ何日かで、わくわく、とても盛り上がっております。

R0012917.jpg

あきちゃんの頑張り次第で、みなさまにご報告できると思うのですが…
なにせ、私達ふたりだから…どうなりますことやら。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。