紅茶グマのお菓子ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

呪文…

coffee.jpg


先週、実家に帰って、コーヒーを老夫婦に淹れて、父、母と3人でお茶の時間をとっていた時のことです。
父が、「さっき、おまんのコーヒーの淹れ方を見よったら、最初、ちょっとんだけ、お湯をかけて、コーヒーを置いちょくろう?あれは、どればあの時間、おまんは見ゆうがぜよ?」
と、きました。
坂本龍馬ブームなので、お分かりになる方もいらっしゃるかもしれませんが、翻訳すると、
「さっき、きみのコーヒーの淹れ方を見ていたら、最初、少しだけ、お湯をかけて、コーヒーを置いておくだろう?あれは、どれぐらいの時間、きみは見ているわけ?」と、なります。
わざわざ、父の言葉原文を載せることはないのですが、現在加藤家では、
空前の土佐ブームなので…ちょっと載せてみました。

「お父さん、コーヒーを淹れてみたいが?」
「淹れてみたいち…お父さんは、毎日、コーヒー、お母ちゃんに淹れちゃりゆうがで」
「あ…そう。」
「うん。けんど、おまんの淹れたコーヒーと、お父さんのコーヒーと、同んなじ豆やに、
みょうに味が違うき」
「そりゃあ…」と、私が言いかけると、父は、しびれを切らして、
「ほんで、どればあ待ちゆうか、聞きゆうがよ!」と言いました。
コーヒー豆の蒸らし…時間をはかったことはないので、ちょっと困りましたが、
「お湯をちょっとだけ、かけて、豆を蒸らすろう。ほんで、豆がふっくらしたら、えいがよえ」
父は、数字にあくまでもこだわり、「1分ばあか?」と、喰い下がります。
うーん。父ちゃんよ、お湯を注ぐその時が来たら、わかるんだよね。

コーヒー豆ふっくら。紅茶の茶葉も、ふっくら。
テュトワイエの店売り、6月のお菓子はコーヒーとお茶をテーマにしています。
コーヒーを淹れることも、お茶を淹れることも、しょっちゅうやっている作業だけど、
気がつくと、「ふっくらしろ、ふっくらしろ…」と、魔女の呪文のように、同じ言葉を心の中でつぶやいてしまいます。
若かりし頃、「『おいしくなあれ!』と、呟きながら、お鍋の中をかき回すと、スープがおいしくなるよ」、と言っていたフランス人のマダムがいて、
「そうですか…」と応えつつ、
あんた、魔女じゃないんだから、そんなスープに念をこめるなよ、と、内心思っていたけど、
今じゃ自分自身が、「紅茶の茶葉よ、ふっくらして、全部お湯の中に、旨みを出し切るのだ!」と、
お茶にまで脅迫めいた呪文を吐く、こわいおばさんになってしまいました...
でも、ホント、呪文を唱えると、ちょっと一味違う気がします。みなさまも、ぜひ、コーヒー紅茶、
脅して淹れてみてください!

テュトワイエの店売り 6月は今週末です。
6月25日(金) 12時~19時
6月26日(土) 12時~18時
土曜日の時間が変わりました。お間違えのよう、お願いいたします。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。