紅茶グマのお菓子ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

11月の紅茶グマ

先日、イルプルーに通っておられる方が、紅茶グマの教室に来てくださった折りに、
私がイルプルーに入ったばっかりの頃、ご一緒していた方と、
イルプルーで一緒のテーブルで作業することになったそうで、
その際に、「かとうみどりさん!かとうさんはねすごかったよ~」と、
うちに通ってくださっている方の手前もあって、私のことを褒めてくださったのですが、
昨日、うちの店でお料理教室を今やってくれている、ビオロテュスのあきちゃんも、
イルプルーの私の同期なので、「○○さん、覚えてる?彼女が私のことを褒めてくれたんよ~」と言うと、
あきちゃんも、「やっぱ、みどりさん、みんなと違ってたよ」と言うので、
「どんな風に?」と聞くと、上手とかいうんじゃなくて、
どうやら、ほかの人と比べると、ギラギラしてたらしいです。
確かに、新しいことを吸収できる喜びで、ここにあるすべてをを吸い込んでやりたい!ぐらいの勢いでした。
それが、だんだん店をやったり、教室をやったりしていると、
自分対お菓子、自分だけの世界じゃ、当然ないわけで、
これでいいのかなーと、壁にぶち当たることも多々あって。
やめようかなーと思ったことも、正直何度かあります。
でも、まあ、とりあえず、状況として許されるなら、10年はやってみようと。
紅茶グマは私の3人目の娘だと思って、10歳までは育てていこうと思って、ここまでやってきました。
そしたら、もう気がつけば9年目?
すごい、すごい、紅茶グマちゃん、あんた9歳になったんやね。
ごめんね、お母ちゃん忙しくて気がつかなかったよ。と、
ちょっとびっくり。

で、今年はちょこちょこと、実験的なことを始めております。
題して「紅茶グマ・ラボ」
11月の紅茶グマの教室、第一週目に、パート・ラボと題して
パート・ブリゼと、パート・シュクレを使って、いろいろ遊んじゃおうと。

お菓子作りと言っても、自分の中に取り込んだ違和感のない、
庶民的でほかほかした感じのあったかい肩肘張らないお菓子を
ご紹介できたら、紅茶グマに来てくれるみんなも、きっと喜んでくれるんじゃないかと
思っています。
IMG_0696.jpg
IMG_0697.jpg



とにかく!ラボ、ご参加のみなさま、当日は朝ご飯はいりません。
昼ご飯もいりません。もしかしたら夜ご飯もいらないかもしれません。
とにかく、作って作って作りまくるので、楽しみにしておいてください。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。