紅茶グマのお菓子ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

チョコレートのガトーバスク

IMG_0130.jpg

今月から紅茶グマのお菓子教室は、一般の方もご参加いただけるようになりました。
紅茶グマの教室、どんなお菓子を作るのか、興味のある方、
一度、お菓子を作りにいらしてください。

紅茶グマのお菓子教室、今月前半は、ガトーバスク・ショコラを作っています。

ガトーバスクは、外側がざっくりめのクッキー生地の中に、
カスタードクリームが入っているものがスタンダードなお菓子ですが、
バスクでは、中に、黒いさくらんぼが入ったガトーバスクもちょこちょこと見かけました。
そして、外側のクッキー生地がチョコレートのものも
バスクの街のお菓子屋さんで見つけて、興味津々食べてみたら…
中からとろりと、バスクの黒さくらんぼが出てきて、
初めてなのに、なんだかほろっとくるような、懐かしい味が広がって、
こういうときは、外だろうがなんだろうが、年甲斐もなく、夢中でかぶりついて。
その日から私に、また特別なお菓子が増えました。
resizeIMG_0966.jpg


日本に帰って、その味を再現しようと、作ってみたのですが、
1回目は、正直、うーん…な味。
2回目も、3回目もなかなか納得がいきませんでした。

そして、帰国してから、早くも3年。
今回、なんとか、これなら・・・と思える味に仕上がったチョコレートガトーバスク。
薫りのよいキャソナードという赤砂糖を使った、チョコレートのサブレ生地に、
黒いさくらんぼは、ちょっと無理なので、
フレッシュなグリオットチェリーをたっぷり入れて、
教室のある日は毎日、幸せな香りに包まれて、
ご参加いただいた生徒さんから、
「このお菓子、ほっぺが喜んでます!」と言っていただきました。
うれし。

フランスに住んでいたのは、もう、ひとむかし前の話。
それから、何度か旅行に行って、そのたびに、新しい発見をします。
3年前に行った時は、3ヶ月の滞在で、沢山のお菓子を勉強してきました。

そんな、フランスのお話は、ぜひ、こちらのページをご覧下さい。


今月もカフェをやりますので、そのときにも少しお出しします。
よろしかったら、食べてやってください。
フランス風おやつカフェです。



Guma-Café
5月13日(金)~15日(日) 
12:00~18:00



スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。