紅茶グマのお菓子ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

メープルシロップのロールケーキ

roule2.jpg

gateau roule au sirop d'erable

もうすでに、だいぶ前にこのメープルのロールケーキは出来上がっていて、今朝の予定では、朝作って、3時までには計量がすべて終わり、寒くなる前に、次女を連れて、買い物に出かけるつもりでした。

で、1回目作って、試食。うん、まずまず。でも待てよ…ここをこうしたら、どうなる?と、一瞬考えたのが運のつき。
気がついたら夕方の6時過ぎになっても、私は魔法にかかったように、ロールケーキを作り続けていました。

ムッシュが夕方、長女を連れて、まいちの仕事場の接骨院に行くことになっていたので、まいちに、
「ムッシュと上の娘が、そっちに行くのでよろしく。そしてふたりに、夕飯はロールケーキだと伝えてください」と、泣きながらメールしました。

そして、ロールケーキの呪縛に取りつかれ、(食べ過ぎとも言いますね)自分に自信がなくなってきた私は、ムッシュのお母さんをつかまえて、「ね、おかあさん、こっちとこっち、どっちがおいしい?」と、ロールケーキを差し出し、試食をしてもらいました。
「えーっとね、うーん?ね、みどりさん、こっちとこっち、どっか違うの?」
「えっ?同じ味?」
「うん、同じに思えるわよ。違うの?両方ともおいしいよ」と、にっこり。
「あ、うん。ありがと、おかあさん。」
うーむ。やっぱり、ムッシュの生みの母に聞いた私が悪かった。がっくり。

そして冷蔵庫には、6本のロールケーキ。ロールケーキが大好きなKちゃんでも呼ぼうか。
でも、もう夜だしなあ。違いのわかる女、長女が早く接骨院から帰ってこないものか…

で、結局、夕飯をロールケーキにするのも、ちょっとためらわれたので、
最初考えていた配合に決め、なんとか、メープルロールケーキを教室でみなさんと作りました。

結果は、みなさん、ロールケーキの材料のメープルシュガーを買って帰ってくださり、土曜日には丸々2キロあったメープルシュガーが、もう全部ありません。
気をよくして、ムッシュに「私、ロールケーキ屋さんになろうかな」と言ったら、
それを聞いていた娘が、「お母さん、この前はお惣菜屋さんになるって言ってたじゃん」と横やり。
「夢はいくつあってもいいもんだよ。りんちゃんだって、こないだパン屋になるって言ってたのに、漫画家になるって変えたじゃん!」と、子供にムキになってしまう、とても大人げない私でした。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。