紅茶グマのお菓子ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

バター難民

わがままなことではありますが、自分で納得のいかないことは、やらないことに決めました。

今日もムッシュが紅茶を煎れてくれたのですが、子供がお誕生日にもらった、キャラクターのマグカップに入っていたので、「申し訳ないけど、他のカップに入れ替えて欲しい」と頼み、ムッとされてしまいました。
だって、せっかく紅茶を飲むのに、わざわざキャラクターのカップで飲みたくないんです。

それに付随する話というと、ちょっと不謹慎になってお叱りを受けてしまうかもしれませんが、バターが足りません。
値上がりしたのなら、まだ手の施しようがあるのですが、バター自体がないのです。

予定していた秋の通販は、さつまいもと栗のタルトと、メープルシュガーのパウンドケーキ、そして栗の粉を使ったクッキー、プルーンのファーブルトン、そしてワッフルでした。
どれもこれも、バターがたくさん必要でした。

1か月程前でしょうか、通販の準備をしていたら、バターを注文している業者さんにバター不足の事情を説明され、コンパウンドバターを使うことを勧められたのですが、まだ現在、その選択をする決心がついていません。
最初来春にはなんとかなると言われて、とりあえず秋の通販を中止させていただき、1月~3月までのお教室をお休みさせていただくことを皆様にお知らせし、12月のクリスマス特別講習に使う分のバターだけをなんとか確保しました。

お教室に来てくださっているみなさまにも、今までは、ご希望の方に、他の材料同様、バターをお分けしていたのですが、それもお断りしなくてはいけなくなってしまいました。
そして来年、参加できるはずだった、以前からやりたかった企画も、たぶんご辞退申し上げることになると思います。残念です。ちょっと悔しいです。

「ほかの教室やお店は休んだりせずに、やってるじゃないですか!」うん、ごもっとも。
でも、私には技術も才能もない分だけ、材料にはずっと人一倍こだわってきた誇りがあって。

春以降もあまり状況は改善されない見通しのようですが、3か月間の間に今後のことも含めて、少し考えようと思っています。

生菓子やコンフィズリーも大好きだけど、私が一番好きなのは卵と粉と砂糖とバターを混ぜて、オーブンに入れて、焼きあがった瞬間のあの匂いです。
タルト、パイ、クッキー、パウンドケーキ、納得のいくものが出来上がった時の、高揚した気持ちは、本当に何物にも代えがたいものでした。そして、それをお客様や生徒さんたちに食べていただくのが、本当にどんなに幸せなことだったのかを、今振り返って、しみじみと思い返しております。

「こうなったら、バター作る?それとも牛を飼いますか?」
「じゃ、教室で使う分のバターは、ひとりずつ、生徒さんが持ってくるようにしましょう」
教室で、みなさんと冗談を言い合いながら、無力な自分がちょっと情けないです。

でも、「生きることは食べること。食べることは生きること。」
絶望して涙も出ないほど悲しい時でも、いつかお腹はすきます。
そしてお腹がすいたら、どんなに家に帰りたくないと思っていても、そうっとみんな、家に帰ってきます。
「ただいま」って。「お腹すいたよ」って。
そしてどんなに怒っていても、けんかしていても、そうやって帰ってきてくれたら、おかえり、って迎えたい。
気持のこもった温かいものを用意して。
そういう気持ちを大切にしたいと思っています。

お金や名声、成功、そんなもの縁もないし、興味もありません。
そんなもののために、自分を曲げなくてはいけないのなら、その時は、もう、この仕事も、自分でやる価値のない、空しいものになってしまいます。

ただ、子供たち、ムッシュや、私の大事な友達、そして生徒さん、お客様。
かけがえのないひとたちが、紅茶グマのお菓子を食べて、温かい気持ちになる。
そんなお菓子がいつか、この手で作れたら、それがきっと、私の一番の幸せです。
そんな日がくるのを夢見て、これからも自分なりの歩調で、お菓子や料理を作っていきたいと思っています。

教室のみなさまを始め、通販で紅茶グマのお菓子をご購入くださっているお客様、大変ご迷惑をおかけして本当に申し訳ございません。
でも、やはり今の状況で、納得できないままお菓子を作ることは、今の私はやりたくありません。ご理解いただければと思います。
みなさまも、おいしいものを作る喜びや、おいしいものと出会った時の感動、本当にかけがえのないすべてのものを大切になさってください。本当に大切なものを忘れないでください。

私が種を蒔いて、そしてみなさまに支えていただいて、ここまで育ててきた紅茶グマ焼菓子工房は、私の大切な3番目の娘です。
まだ6歳、細々とではありますが、今後も何とか続けていきたいと思っておりますので、みなさまよろしくお願いいたします。
このブログも書いたり書かなかったりで、なんともゆるい感じで、気合が入ってない感じがするかも知れませんが、今後も続けてまいりますので、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。