紅茶グマのお菓子ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

フランボワーズのクラフティ

clafoutis aux framboises
cla.jpg

クラフティは、プリンのような中身に、さくらんぼや、桃、プラム、洋梨など季節の果実を入れて作る、家庭的で、フランスを強く感じられるお菓子です。
たぶん日本の数倍の大きさの型で焼いて、ざくざく、そんなに神経質にならずにカット。
そして、そんなボリュームたっぷり、活きがよくて素朴なクラフティが、パリのブランジュリーには昔と変わりなく並んでいますし、ビストロのデセールでは、チャチャチャ、とやっつけたようなクラフティがデローンと不細工にカットされて、粉糖をふりかけてごまかされていたり、焼きたてのクラフティ、と称して、ココットに入っていたり。
おじさんが、「アタンシオン!熱いから気をつけて食べてね!」なんて、あんたまさか志村けんみたいに、熱い皿を私に手渡しするつもりじゃないだろうね...と、不安にさせられるぐらい、小芝居たっぷりで、大急ぎで運んできてくれる、そういうお菓子が、私にはたまらんのです。

そんな数あるクラフティの中でも、今回の教室で、なんで、フランボワーズのクラフティを選んだかと言うと、単純においしかったから。
じゃ、ちょうどいいから、お教室のメニューに入れてしまおう!と。

だけど、正直、私、クラフティというものをなめておりました。
いえ、正確に言うと、フランボワーズをなめておりました。
フランボワーズとプリンちゃん、やさしいパートシュクレの組み合わせだと、フランボワーズの酸味の主張が激しすぎて、シュクレもプリン風のアパレイユも負けてしまいます。あちらを立てれば、こちらが立たず。
こりゃ、塩味のきいたパートブリゼの方が合うな...と、思ったのですが、紅茶グマのお菓子教室の「ご案内」を改めて熟読すると、「パートシュクレで作るクラフティ」と自分ではっきり書いてある。今さらブリゼに変更することはできません。

焦って、まずタルト生地を改良、それに合わせて、また中身を改良して、クラフティというとすぐにイメージするプリン風のアパレイユも、もっとふわっとしたフランボワーズを包むような、甘みの強い粉の入ったアパレイユに変更しました。

そして、習いに来てくださったみなさん、ごめんなさい。
実を言うと、これ、完全にレシピが出来上がったのが、なんと教室初日の当日でした。
「ある意味、すごいよね…」と、決してほめられたものじゃない、こんなことに感心しつつ、あきれつつ、なんとかできあがったクラフティフランボワーズ。
教室に来て下さったみなさんは、とても喜んでくださったようです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

祝グマ

フランボワーズのクラフティ食べさして~!

シムジェラ | URL | 2007-06-01(Fri)10:51 [編集]


ありがとさん。また涼しくなったら作ります。

みど | URL | 2007-07-10(Tue)23:23 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。