紅茶グマのお菓子ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

紅茶グマとコグマのお知らせ

いよいよ新しい年がやってきした。
今年もよろしくお願いします。
…と言いつつ、今年は去年とは少し違った気持ちで
新しい年を迎えました。

2012年去年の12月も同じで、普段とは少し違うクリスマス。

たくさんの方がお申し込みしてくださっていたのに、
12月のお菓子教室はすべて中止、
クリスマスケーキの準備もできない状態で、
ケーキのご予約もほとんどお受けすることができないまま、締め切りとさせていただきました。
こんな12月になってしまったのは、誰に頼まれたわけでもなく
自分で選んだ1ヶ月でした。

11月に実家の母が入院して、彼女と過ごすために、実家に戻っていました。
自分で選んだこととはいえ、
たくさんのみなさまにご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳なかったです。

そして冒頭でも申し上げましたとおり、
2013年はしばらく、紅茶グマ焼菓子工房は
グマカフェもお菓子教室もお休みさせていただく予定です。
これは母のこととは別に、すでに決まっていたことで、
来年、私は少し療養が必要で、
お休みをいただくことが秋にはわかっていました。

休業することを、周りの人たちに伝えなければと思い、
11月のグマカフェの準備を手伝ってくれていた
MegumiちゃんとRyokoちゃんにこのことを話しました。
動揺しているふたりに、「ここでふたりで何かやってみたら?
と、冗談半分で言ったら、
「みど先生が戻ってくるまで、なにかやってみたいです!」と、
真顔でふたりが言ってくれました。
ふたりの気持ちはとてもうれしかったのですが、
とは言っても、ふたりとも、普段しっかりとお仕事しているし、
現実としては、なかなか難しいだろうな・・・と内心、思っていました。
それから、ずっと私が東京にいない間に、ふたりで話しあって、
3月から、月に1回カフェをやってみよう、と報告を受けました。
その名もグマからとった「コグマカフェ」
MegumiちゃんもRyokoちゃんも、
この10年の間、紅茶グマのお菓子教室に通ってくれた
私の大切なコグマちゃんの中のふたり。
彼女たちの温かい思い、本当にうれしかったです。

そして、12月の教室の中止を生徒さんたち、
あえて彼女たちをコグマちゃんたちと呼ばせていただきましょう、
コグマのみなさんにお伝えしたときに、ひとりのコグマちゃんが、
「いいことも悪いことも、きっと神さまからのギフトですよ。
みど先生、しっかり受けとめてくださいね。」と私に言ってくれました。
心に沁み込んでいくとても深い言葉。
それがギフトなら、逃げないで、すべてのことを、
しっかり受けとめていきたいと改めて思うことができました。

MegumiちゃんとRyokoちゃんのコグマカフェ、
好きなようにふたりでやってみて。と言ってあります。
今まで教室に通ってくださったり、
お店に来てくださっていた
紅茶グマを育ててくださった、
たくさんのみなさま、そしてコグマのみなさん、
ぜひこの歩き始めたばかりのふたりのコグマたちの活動を見守って、
紅茶グマを育ててくださったのと同じように、
コグマたちを育てていただけないでしょうか。

ふたりのコグマブログも始まりました。
みなさまの素敵なギフトになるようなカフェを目指して
コグマたちの頑張る姿を見せてもらいたいと思います。
そして、私もこの紅茶グマブログを、
時々は更新していきたいと思っています。


宜しくお願いいたします。

2013年 紅茶グマ焼菓子工房 かとうみどり
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。