紅茶グマのお菓子ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

念入りな一皿

元気なときでも、体調に多少の波はあると思うのですが、
冬眠中の今、大小の波が押し寄せてきて、
それをモロにかぶると、わわわと、かなり焦ります。

そんな調子があまりよくない日に、我ながら、なんで?なのですが、
夕飯を結構面倒くさいメニューに決めてしまったりして。
キッチンの床に座り込み、
ボウルを抱え、ゆでたジャガイモをつぶしながら、
こんな大リーグボール練習中の星飛馬みたいに苦しんで作ったもの、
果たして家族は食べて喜ぶのか?と、ふと思ったり。
しかも、そんな自問自答が込められた
嫌な念が入ってんじゃない?と思われる呪いのご飯なのに、
加藤家のみなさんは、いつもの通り、掃除機で吸い込むように、
ひたすらガツガツと食べ、私の念と疑問がたっぷり詰まった一皿は瞬く間に終了。
今日はそんな日でした。

そして、もうひとつ、今日思ったこと。
友達や生徒さんから、いただいたお見舞いのお手紙やメール、
心のこもった贈り物。
ほとんどお返事せず。しかるにお礼も言わず。ずっとそのままでした。
みなさん、恩知らずで薄情なみどりを許してください。
みなさんのお気持ちは、とても嬉しく、
ちゃんと私、心にしっかりと受けとめさせていただいおります。

ずっと長い間、思考を、自分の現在の状況に持っていくのを、極力避けて過ごしてしまいました。
ずっと先の未来に行ったつもりになって、(もちろん空想でです)
その空想の中で私は、先々なりたい、おばあちゃんみどりなわけです(これももちろん空想です)
その未来のみどりおばあちゃんの視点から、振り返って、今現在の自分を過去としてとらえ、
平気平気、ちゃんと乗り越えられて、今の(だけど未来の)おばあちゃんになった自分がいるじゃない、
みたいな妄想をしたり。

だけど、こういうときこそ、「今」の自分を見つめていかなくちゃ。
震災から2年、仙台の大切なお友達から、強いメッセージをもらって、
やっとこさ、そう思えるようになりました。
ありがとう、さっちゃん。あたし、「今」をしっかりと生きていこうと思う!

体調のよくない時に、床に座り込みして作った、
かとうみどりの念入りな一皿、ウインナーシュニッツェル。
縮小IMG_0005

オーストリア風のカツレツですが、
イルプル風に、薄いお肉とお肉の間に茹でてつぶしたジャガイモをはさみこみ衣をつけます。
それを油で揚げたら、熱いうちに、レモンをたっぷり絞って、いただきます。
お肉は薄いのでカリッとしていて、
中のジャガイモがほくほくといいバランスで出てきます。
コツは、お肉にはしっかりめに塩コショウをして、
作る人が体調のよい日に作りましょう。
そうすると、きっと軽やかで、おいしい1皿になると思います。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。