紅茶グマのお菓子ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

5月のお菓子教室

1.jpg

ブログを始めると言ったのに、完全にほっぽり出しておりました。
申し訳ありません。

おさらいになってしまいますが、5月の教室はチョコレートのシューと、ニンジンとヘーゼルナッツのケイク、そしてタルトシトロンでした。

なんでだか、お菓子教室始まって以来、ずっと5月はシューものをやってきていて、今回もシューをやりました。

生クリームにホワイトチョコレートを入れたもので、土手を作り、そしてスイートチョコレートとミルクチョコレートで作ったゆるめのガナッシュを中に入れたものを作ります。
食べると、中からとろりと出てくるガナッシュが、デセール感覚で食べられて、普通のシュークリームとは、ひと味違ったおいしさでした。

ニンジンとヘーゼルナッツのケイクは、パリのパティスリー、「ジャン・ミエ」のシェフ、ムッシュ・ドゥニのオリジナルです。
バター不使用で、甘みには蜂蜜を加え、独特の風味を出しております。それよりなにより、ニンジンのピュレとニンジンの細かくジュリエンヌに切ったものが大量に入っていて美しい切り口。大粒のヘーゼルナッツがやわらかめの生地のアクセントになっています。
おみやげにもぴったりなケイク、お教室に来てくださったみなさま、ぜひまた作ってみてくださいね。

そして5月の最後はタルトシトロン。
これは、今年の1月末に、パリに行った時、ビストロで食べたタルト・シトロンを再現して作ってみました。(詳細は「紅茶グマ的移動祝祭日」をご覧ください)

ここ数年、ずっと、ビストロのデセールに関心があり、そう特別じゃなく、普段食べる庶民的な味を求めて、あれこれと試行錯誤しているのですが、このタルト・シトロンもそのひとつです。
教室に来てくださったみなさま、まだお菓子を始めたばかりの方でしたら、
お菓子のとっかかりとしては、まずまずだったと思いますし、
難しいコースに通ってくださっていた方々には、ちょっと簡単過ぎたかも知れませんが、少しでも私が考えている、背伸びをしないフランス普段のお菓子を、感じていただけたでしょうか?
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はい、頑張ります

教室で習ったことが、
読んでいるうちによみがえってきました。
材料をたんまりお持ち帰りした割に、
復習したという風の便りが届かないわ
という先生の声が聞こえてそうなので、
突っ込まれる前にやりたいと思います。
思ってるだけじゃダメですよ…はい。
食感とか味とか、思い出し中です。
秋からの教室も楽しみですーーー!!
その前に復習だよ、復習…はい。

とんぼ | URL | 2007-07-10(Tue)10:39 [編集]


とんぼちゃん、ごぶさたしてます。
そうだよ、うかうかしてると、
すぐに夏休みなんて終わっちゃうよー
とんぼちゃんも、いろいろいそがしそうだけど、
がんばって、粉とバターと遊んでみてね。

みど | URL | 2007-07-10(Tue)23:25 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。