紅茶グマのお菓子ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カフェオレをカフェオレボウルで

実は私、カフェオレボウルを少し集めています。
新しいものもあるけれど、よく言えばアンティーク
平たく言えば古いカフェオレボウルがいろいろあります。

アンティークのものは、私の手元に来たときにはすでに
色が沈着していたり、ヒビが入っていたり、かけていたり。

金継ぎを習い始めたのも、そんなカフェオレボウルを直して
使ってみたいという思いもあってのことでした。


ころんと丸っこくて、いろんな模様があるカフェオレボウル。
自分の中でフランスを象徴するモチーフのひとつにもなっています。

10157296_483536801748347_1971208450228296437_n.jpg

もう20数年前、ムッシュとパリで暮らし始めたとき、
カフェオレボウルをパリの大きなスーパーでふたつ買いました。
今ではどんな模様だったか、正確には思い出せないけど、
白磁に朱色と茶色でお花の模様が描いてあったと思います。
そのカフェオレボウルで、
朝はふたりでカフェオレを飲み、夜はスープや、ご飯をいれたりして、
私たちはパリでの3年間を過ごしました。

若かったし、お金もなくて、なにも買えなかったけれど
いつもテーブルの上にはカフェオレボウルがふたつと
リムの入った白いスープ皿をふたつのっけて
笑ったり喧嘩したりして、ささやかなテーブルを作っていました。

その頃の私たちには、未来のことなんて、何もわからなかったけど
そのときのその時間が、とても自分たちにとって大切な時間だということだけは
はっきりとわかっていた3年間でした。

そんなカフェオレボウル好きの私のツボをついて
「みどりさん、カフェオレボウルを使ってお客さまに
 カフェオレ出したいって言ってましたよね?」とけいこさんに言われ
あー、私のカフェオレボウルでお客さまがお茶してるとこ、すごく見たい!という
願望がムクムクと湧いてきてしまい、
気がついたら、カフェの飲み物担当をやるとうっかり自分で立候補してしまいました。
けいこグマの思うツボです。

両方の手でカフェオレボウルを持って、温かいカフェオレを飲むのに
ちょうどいい季節。

11月1日2日12時~17時半(ラストオーダー17時)です。
みなさまのご来店心よりお待ちしております。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。